乳歯を抜くのはどんなとき?    船堀   歯科

投稿日:2020年7月26日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さんこんにちは!

今日は乳歯を抜く時についてのお話をします。

 

生え変わる乳歯とはいっても、できるだけ歯は抜きたくないと思います。

しかし、場合により抜くことが必要な時もあります。

 

<ひどい虫歯の時>

・歯に大きな穴が開き、歯髄まで侵されてるとき

・細菌が歯の根に先から顎の骨に侵入したとき

・激痛、腫れ、高熱と歯肉からウミがでるとき

病気が骨の中まで進行すると、次に生えてくる永久歯や全体にまで影響してきます。

ここまで進んでしまったむし歯は救うことが難しく、抜かなければなりません。

 

<ケガで歯が破損したとき>

・後になって歯が黒ずんできたときは、神経が死んでしまっているので抜歯します。

・歯が縦に割れてしまったときは、歯を抜かなければならないことがあります。

 

 

  子どもが激しく歯をぶつけたときはすぐ歯医者さんに診てもらいましょう!!

1日で白い被せ物に