抜かない・削らない

患者様に負担の少ない治療を行なっております

ミニマルインターベンション

ファミリア歯科の診療理念として、「天然歯を最大限残す治療を行う」というものがあります。これは医療業界におけるミニマルインターベンションという考え方と同じです。虫歯を削るときや抜歯が避けられない場合もありますが、できるだけ回避もしくは少ない範囲で行うことに対して日々研鑽を重ねております。

抜かない治療について

抜かない治療抜歯をして入れ歯かインプラントにしてしまうことは簡単で歯科医院の売上もあります。根管治療をがんばるより抜いてインプラントにしてしまったほうが、また、部分入れ歯よりも総入れ歯の方が高いわけです。しかし、こういった行いを日常的に行なっていては患者様との信頼関係は築けません。

ファミリア歯科では患者様との信頼関係を大切にしておりますので、こういった安易に抜歯をオススメすることは決してありません。

下記の抜歯が必要となる場合を除いては、可能なかぎり抜歯を回避し天然歯を回復させ残すようにご案内させていただいております。

抜歯が必要となる場合

削らない治療について

削らない治療虫歯の治療や被せ物、つめ物を行うなどにおいてまったく削らないで治療することは不可能ですが、虫歯検知液など使用しこれらの範囲を小さくする、もしくは矯正治療などの提案など治療法の選択肢の提示などを行うことで可能な限り削らない治療を行なっております。

一度削った歯は、いくら高性能、高精度のつめ物、被せ物、ブリッジ(入れ歯の一種)で修復してもも天然歯にはかないません。

削らない、もしくは削る面積を小さくするかということは患者様の将来の治療の選択肢の数、長持ちする期間の長さに直結する問題です。

削る面積を少なくすることで得られること

1日で白い被せ物に