歯がしみる     船堀     歯科

投稿日:2020年7月19日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さんこんにちは。

今年の梅雨はよく雨が降りますが、夏はもうすぐそこです!!

冷たい物が美味しい季節になりますね。

 

患者さんとお話していると、冷たい物を召し上がる時、歯がしみるという事をよく聞きます。

 歯がしみる原因の上位は「むし歯」。

もしかして、虫歯の初期段階かもしれません。

歯に穴があくことで、歯の神経を直接刺激し、水などの冷たいものがしみるようになります。

しかし、むし歯がないのにも関わらず、しみるときは「象牙質知覚過敏症」の可能性があります。

一般的には「知覚過敏」と呼ばれているものです。

 歯は硬いエナメル質で覆われていて、その内側に柔らかい象牙質があります。

象牙質が冷たいものや熱いものなどに触れることで、内部の神経に伝達されて、

歯は刺激や痛みを感じる仕組みになっています。

 普通、象牙質はエナメル質に覆われているので、しみたり、痛みを感じたりすることはありません。

しかし、氷のように極端に冷たいものなどはエナメル質の上からでも

温度が内部の象牙質に伝わって、歯がしみることがあるのです。

 それ以外でも、年齢とともに歯肉の退縮がある場合や、

歯ぎしりや食いしばりによるすり減りなどでも象牙質が露出し、神経に伝達されやすくなり、

知覚過敏が生じるようになります。

症状のある方、気になさってる方は、お気軽に当院にご相談ください。

1日で白い被せ物に