シーラント  船堀 歯科

投稿日:2019年6月21日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

こんにちは!
皆さま、雨が降ったり止んだり、気温が高くなったり肌寒くなったりと、なかなか天候が安定しない中、体調は崩されていませんでしょうか?

今日はシーラントについてお話しします。
一番奥に生えている生えて間もない第一大臼歯(6歳臼歯)は、歯磨きが十分にしにくく、歯自体も弱いため、たいへんむし歯になりやすい歯です。
そのため、むし歯から守るためにシーラント処置が行われます。
しかし、シーラント処置は、時間の経過とともにはがれてしまうことがあります。
定期検診で必ずチェックし、処置をやり直ししていきます。

虫歯の予防は、シーラント処置だけでは十分ではありません。
生活習慣を正すことや毎日のブラッシング、歯科医院での定期チェックなどが必要です。
日頃のお手入れ時にもフッ素を活用するなど、ご家庭でも定期的な予防に努めていきましょう。

1日で白い被せ物に