治療した歯から始まる虫歯

投稿日:2019年6月17日

カテゴリ:ドクターズBLOG

一度虫歯の治療をして修復した歯がまた新しく虫歯になったとき、
これを「二次齲蝕」といいます。

二次齲蝕は、詰め物やかぶせものの下、その周囲、歯肉と接した部分などに発症します。
修復材料の質が悪く、詰め物や被せものがぴったり合わず、
その部分にプラーク(歯垢)がたまって虫歯が発症します。

二次齲蝕は、虫歯の時の激しい痛みが自覚されないことが多いです。
そのせいか他の歯の治療で受診した際に発見されることも多いです。
被せものを外した後下がボロボロだったとういうことにならないよう
治療後も定期的なチェックをかかさないようにしましょう。

1日で白い被せ物に