その痛み 知覚過敏!? 船堀 歯科

投稿日:2021年7月20日

カテゴリ:未分類 歯科衛生士BLOG

みなさま、こんにちは。船堀にあるファミリア歯科です。いよいよ東京オリンピックが始まりますね。毎日セミがみんみん鳴いて、暑い日が続いています。

温度が上がり、冷たいものを摂ることも多くなりましたが、なかには歯に痛みを感じて、思う存分楽しめない方もいらっしゃるようです。

もしかしてその痛みは、知覚過敏かもしれません。

歯ブラシが当たるとき、冷たいもの熱いものが触れた時、風にあたった時などに、一時的な痛みを感じるのが知覚過敏です。

原因は、歯磨き圧が強い、歯茎が下がり根っこが出ている、酸性度の高い飲食物を頻回に摂る、噛み合わせが強い、歯に亀裂が入っている、磨き残しの歯垢がある、虫歯など色々です。

歯の硬いエナメル質という層は、刺激に強いですが、次の象牙質という層は、無数の小さな管が開いている構造なので、中の神経に刺激が伝わりやすくなっています。

歯科医院では、即効性のある効果の高い処置で、大切な歯や神経も守ることが出来ます。

症状を感じたら、早めに対処することで、軽度で改善できることが多いです。気になったらお気軽にいらしてくださいね。

 

 

 

 

マウスピース型矯正装置インビザライン