口呼吸による身体の影響 船堀 歯科

投稿日:2021年3月13日

カテゴリ:ドクターズBLOG

みなさん、こんにちは。ファミリア歯科です。

今日は、口呼吸による身体への影響についてお話しいたします。
口呼吸の主な原因が、鼻のトラブルが多いです。
風邪などの短期的な大きな原因ではありませんが、アレルギー性鼻炎や扁桃炎、口腔、鼻腔の器質的問題により口呼吸が継続すると口呼吸が習慣化します。

小児期の口呼吸を改善せず、長期間放置した場合特に危惧されるのが、成長発育への影響です。

口腔内は、上の歯列が狭まり、下顎が大きくなるというアデノイド顔貌を呈します。

口呼吸による長期間の姿勢の変化は全身の骨格や筋の成長発育に作用します。
睡眠障害や睡眠時無呼吸症候群との関連性、集中力や注意力の低下、うつ病や認知症の影響まで報告されており、口呼吸の予防や治療は、歯科領域までに留まらず、全身の健康維持にとっても重要です。

当院では、プレオルソと呼ばれるマウスピース型の装置があります。お気軽にご相談ください!

マウスピース型矯正装置インビザライン