くさび状欠損について 船堀 歯科

投稿日:2020年12月16日

カテゴリ:ドクターズBLOG

こんにちは。江戸川区船堀にあるファミリア歯科でございます。
今年も残りわずかになり、寒さも増してきましたが、体調をお崩しになっていないでしょうか。

今日はくさび状欠損についてお話しいたいます。

くさび状欠損とは、歯の根元のあたりが欠けてしまうことをいいます。

原因としては2つあります。
1つ目は歯ブラシと歯磨剤の不適切な使用などにより、歯の根元の表面が機械的に摩耗するためです。

2つ目は過度な噛む力により、実際の荷重点から離れた歯の根元の表面に引っ張る力が集中し、エナメル質や象牙質に亀裂、破壊され実質欠損が生じるためです。

特に歯ぎしりや食いしばりが多い方に多く見られます。

虫歯でないのに、歯ブラシをすると痛い、または冷たいものがしみるなどの深い症状を及ぼします。

年齢とともに頻度は増加し、下顎より上顎、左側より右側に多くほとんどが頬側の歯の根元が多いです。

そのような症状を感じることがあれば是非お気軽に相談してください。

1日で白い被せ物に