インフルエンザA型     船堀    歯科

投稿日:2019年12月13日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

今年は、例年より早くインフルエンザが流行しています。

小さなお子さんを持つ家庭なら、毎年悩まされる大きな感染症ではないでしょうか。

今年は、予防接種前に幼稚園児や小学生が感染し、学級閉鎖になるクラスが増えているようです。

我が子の学校も5日学級閉鎖となり、閉鎖にならなかったクラスでも、別の感染症が流行するなど、

小児とその家族を脅かす感染症が流行してきています。

 

11月初めとなると、まだ温かい日も何日かあり、吐く息が白いほどの気温ではないため、

「今日はお昼間温かいからコートなしでお外で遊ぼうか」という日が多いくらいです。

そんな秋の日を襲うインフルエンザは、家族の生活を一変させます。

抗ウイルス薬は、ウイルスの増殖を抑える働きはしてくれますが、

体の免疫が強くないと早期の回復は見込めません。

 

「成人は治療なしだと5日でなおるよ。」とおっしゃる内科医もいらっしゃいますが、

独り身ならまだしも、仕事や、家庭があると勝手に一人で、5日苦しめば終わることではありませんから、

これまた、周辺を巻き込む大参事が起こります。

実際我が子もインフルエンザで1週間苦しみ、解放された3日後に肺炎になりました。

子どもは熱があっても元気なことが多いですが、やはり、インフルエンザはウイルスと闘う為、

かなりの体力が奪われるようです。

 

お口はすべての入り口です。

湿っているので、菌もいろんな菌がたくさんいます。

是非これらの菌を入り口から、コントロールして、体の健康を維持し、

家庭や仕事で少しでも快適なパフォーマンスを維持できる毎日を送られるよう

「口腔ケア」を大切にしていただけたらと思います。

1日で白い被せ物に