タバコと歯周病の関係について 船堀 歯科

投稿日:2019年12月2日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

皆さんこんにちは。

 

今日はタバコと歯周病の関係についてお話します。

 

歯周病は歯周病菌がお口の中で繁殖して、歯茎に炎症を起こし、歯を支える骨を溶かしてしまう病気です。

 

歯周病の原因は様々ですが、喫煙もその一つとされています。

 

タバコを吸うと、体の中の血管が収縮するため、歯茎の血流が約半分になると言われています。

 

その結果、新鮮な血液か送られなくなり、免疫力が低下してしまうため、歯周病に対する抵抗力も低くなります。

 

また口の粘膜から吸収されたニコチンも歯茎の血流を悪くして、免疫力の低下につながります。

 

あるデータによると、タバコを吸う人は吸わない人に比べて歯周病に感染する確率は35倍高くなるといわれています。

 

また、喫煙週間のある人は、血流不足のため、きちんと歯磨きをしても治療の効果が出にくくなります。

 

もしご自身がタバコを吸っていたら、健康のために喫煙習慣を見直されてはいかがでしょうか?

1日で白い被せ物に