妊娠中から始められる虫歯予防     船堀     歯科

投稿日:2019年11月21日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

皆さんこんにちは。

本日は、妊娠中から始められる、親と子の虫歯予防についてお話をします。

 

生まれたばかりの子供の口の中には虫歯の原因のミュータンス菌がいません。

ですが、唾液を介して人から人へ、中でも母親から乳児へと感染する率が1番高いのです。

 

そこで、我が子のきれいな歯を虫歯にしないために、妊娠中からキシリトールを活用しましょう。

 

キシリトールを食べることで、お母さん自身のミュータンス菌の数、質、活動(歯を溶かす酸を作る)を減少させ、弱らせることが出来ます。

こんな研究結果もあります。

母親が妊娠6ヶ月からキシリトールを13ヶ月食べ続けた(1日あたり3.83g)ところ、

子供が生後1歳の時点でミュータンス菌が見つかる確率は、そうでない母親に比べ1/4以下でした。

そしてキシリトールをやめた後も、15ヶ月間効果が持続したのです。

 

妊娠中から習慣づけることで、大切な我が子の歯を守れる、キシリトール。

是非、取り入れてみて下さい。

1日で白い被せ物に