蓋がとれたかな 船堀 歯科

投稿日:2019年8月22日

カテゴリ:ドクターズBLOG 歯科助手・受付BLOG

江戸川区船堀のファミリア歯科です。

歯科治療中には、さまざまな仮のふたが入ります。

とくに歯根の治療中に使用する仮のふたは、完全に固まるまでに時間がかかるため、不安になる患者さんが多いようです。

歯科医師はそれを見越して、完全に無くならない量の、仮のふたを多目につめています。

実際にふたが全て無くなってしまうことは、予約どうりに通っている患者さんにはほぼありません。

心配しすぎてペロペロなめてしまうため、無くなったように感じてしまうんですね。

1日で白い被せ物に