シーラント     船堀 歯科

投稿日:2018年10月22日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

「シーラント」という言葉をご存知でしょうか?
食べカスやプラークが残りやすい奥歯の噛み合う面の細かい溝をプラスチックで埋める治療になります。

生えて間もない歯は弱く、とても虫歯になりやすいです。
特に第一大臼歯(六歳臼歯)は一番奥に生えてきて、歯みがきを十分にしにくいです。
そこで虫歯から守る為にシーラントを行なっていきます。

しかし、シーラントは永久的に付いているものではありません。外れてしまう事もあります。
定期検診で必ずチェックをし、予防していきましょう。

1日で白い被せ物に