口臭について      船堀  歯科

投稿日:2018年6月17日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

こんにちは。梅雨の時期になりジメジメしていてカビなどが気になりますね。

カビなどの細菌もとても気になると思いますが、お口の細菌は気にされたことありますか?
口臭のほとんどの原因物質は口腔細菌が作っています。
私たちが毎日摂取する食物や口腔組織などを細菌が取り込んで代謝、分解する時に細菌の排泄物として口臭成分が発生します。

強い口臭は歯周病菌が大量に口腔内に生息し、細菌の新陳代謝がさかんに行われていることを示しています。
ですので口臭がある限り歯周病は治っていないということです。

口腔内の細菌を減らすためにはとにかく清潔にしておくことが大切ですが、ただうがいをするだけではダメです。
しっかり歯磨きをして歯垢(プラーク)を取ったり歯医者で歯石を取ることも大切なことの1つですので、歯医者に長いこと通っていない方はぜひいらしてくださいね!

1日で白い被せ物に