フッ素について 船堀 歯科

投稿日:2021年6月15日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

皆さんこんにちは今日は虫歯のコントロールに深い関わりのあるフッ素についてお伝え致します。
お口の中では飲食に伴って1日に何度も脱灰と再石灰化を繰り返します。その中でそのバランスが崩れて脱灰の時間が多くなると虫歯が進行します。
フッ素は虫歯を防ぐ様々な働きがあります。
①再石灰化を促進する
②脱灰を抑制する
③エナメル質を強くする
④細菌が酸を排出する働きを阻害する

これらのことからご自宅での歯磨剤や洗口液もフッ素入りの物を使用することをおすすめします。
歯磨剤単品よりも洗口剤を併用したほうが、虫歯予防効果が高くなります。
虫歯のリスクが高い方は就寝前やおやつの後(歯磨き時以外)に洗口剤を使用するといいと思います。そして最も虫歯予防効果の高い組み合わせは、自宅でフッ素入り歯磨剤とフッ素入り洗口剤を併用していただくのに加え、歯科医院で高濃度のフッ素を定期的に塗布することです。フッ素は口腔内に残り続けることで虫歯予防効果を発揮するので、歯磨き後のお口のゆすぎは一度だけ、軽くゆすぐ程度にするのがポイントです。
何かわからないことがあればお気軽にスタッフまでお申し付けください。

マウスピース型矯正装置インビザライン