口腔機能低下症って? 船堀 歯科

投稿日:2021年1月6日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

みなさん、明けましておめでとうございます。ファミリア歯科です。
本日は口腔機能低下症についてお話しします!

ささいな口の衰えを「オーラルフレイル」と呼びますが、進行すると「口腔機能低下症」と呼ばれる疾患になります。

口腔機能が低下すると……………

●口の中が乾く
●食べ物が口に残るようになった
●滑舌が悪くなった
●食べこぼすようになった
●薬を飲みにくくなった
●硬いものが食べにくくなった
●食事の時にむせるようになった
●食べるのに時間がかかるようになった

などなど。様々な症状があらわれます。

これらに当てはまると口腔機能低下症と診断されることが多いので、歯科での対応が必要となります。

口腔機能低下症を放置しておくと、「摂食嚥下障害」などさらに重い口腔機能障害を引き起こし、全身の健康に関わる問題になってしまうこともありますので注意しましょう。

口腔機能低下症かも?と思ったら、まずは検査を受けることをおすすめします!

ファミリア歯科では、保険適用で検査はもちろん、口腔機能低下症の訓練や歯科治療を受けることができます。
摂食嚥下のリハビリ等に詳しい歯科医師や歯科衛生士がご相談させて頂きますので、
気になる方、トレーニングをしてみたいという方は是非、歯科医院の方までご連絡下さい!

毎日の口腔ケアでしっかりと予防するとともに、いつまでも美味しい物を食べて健康でいられるよう、今からトレーニングもしていきましょう。

それでは、ここまでお読み頂きありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

1日で白い被せ物に