歯ぎしりと食いしばり 船堀 歯科

投稿日:2020年5月12日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

こんにちは

今日は歯ぎしりやくいしばりについて、お話します。 

皆さん歯ぎしりやくいしばりをしていませんか? 

歯ぎしりやくいしばり、歯の先端をカチカチ接触させる、といった無意識に行う運動が『ブラキシズム』です。

ブラキシズムでは歯や歯を支える組織(歯肉や顎の骨)に普通に噛む時の2倍以上の力がかかるといわれます。

その為、症状がひどいと、歯の周りの組織に過重な負担がかかり、歯や歯肉や顎の骨といった組織が破壊されます。

 

【ブラキシズムの症状は…】

・グラインディング

上下の歯をすり合わせて、「ギリギリ」「コリコリ」といった音を出すいわゆる歯ぎしりです

・クレンチング

歯を強く噛みしめる、力を入れて歯を食いしばることです。

・タッピング

歯の先端部分をカチカチと触れ合わせることです。

 

こんなトラブルが起きます

・歯がすり減ります

・歯肉が炎症を起こして歯周病が進行します

・力で歯が割れます

・顎の関節に影響し、顎関節症を起こします

 

原因は…

・歯並びの悪さ

・噛み合わせの不正

・鼻や喉の炎症

・筋肉の緊張を伴う病気

・精神的緊張や肉体的ストレス

 

歯ぎしりくらいと軽く考えず、ぜひ、ご相談下さい

 

1日で白い被せ物に