口内炎について     船堀     歯科

投稿日:2019年12月27日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さん、こんにちは!ファミリア歯科です。

本日は口内炎についてのお話しをしたいと思います。

まず、口内炎になる原因は大きく分けて2つあります。

1つ目は、お口の中の傷と細菌が原因です。

何らかの原因で(硬い食べ物、歯ブラシ、誤って噛むなど)お口の中を傷つけてしまい、

そこに細菌が繁殖して炎症を起こすと、口内炎ができてしまいます。

 

そして2つ目は、新陳代謝の低下が原因と言われています。

栄養不足、ストレス、疲労などが原因で新陳代謝が低下して口の中に潰瘍ができて、

そこに細菌が繁殖して炎症を起こすと、口内炎ができてしまいます。

いずれにしても、口の中の細菌感染が原因で口内炎はできてしまいます。

 

もし、口内炎が出来てしまったら、まずは口内環境を清潔にすることを心がけてください。

具体的な方法としては、きちんと歯磨きをすることがあげられます。

一日3回丁寧に歯を磨けば十分かと思います。

うがいも効果的ですが、刺激の強いマウスウォッシュは使わないようにしましょう。

 

口内炎は、通常であれば2週間ほどで治ります。

ただ、2週間以上経ってもなかなか治らない場合は、口内炎ではなくて他の病気が考えられてきますので、

早めに受診しましょう。

 

1日で白い被せ物に