親知らず      船堀     歯科

投稿日:2019年10月4日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さん、こんにちは。

本日は親知らずについてお話いたします。

 

 

親知らずとは、「智歯」「第三大臼歯」とも呼ばれ、一番奥に生えてくる永久歯です。

親知らずが生えてくる時期には個人差がありますが、10代後半から20代が一般的です。

他の歯と違い、親が歯の生え始めを知ることがないことが、名前の由来とされています。

 

親知らずがすべてある場合は、上下左右に1本ずつ、全部で4本です。

親知らずがない場合、4本全てないこともあれば、1‐3本がない人もいます。

また、親知らずが歯肉の下に埋まったままで、生えてこない場合もあります。

 

親知らずがまっすぐ生えてきて、綺麗に磨ける場合は、特に問題にならない事もあります。

しかし、親知らずによって何らかのトラブルが生じる場合には、抜歯が必要になります。

 

原因① むし歯

親知らずが斜めに生えてきたり、途中までしか生えて来ない場合は、

歯ブラシが届きにくく、むし歯になりやすくなります。

また、親知らずと手前の歯(第二大臼歯)の隙間に

汚れがたまりやすくなり、手前の歯がむし歯になることもあります。

 

原因② 歯肉の炎症

親知らずが斜めに生えたり、途中までしか生えてこない場合は、

歯と歯肉の間にプラークや食べかすがたまりやすくなり、親知らずの周辺が不衛生になります。

これにより、親知らず周囲の歯肉に炎症が起きてしまいます。

これは「智歯周囲炎」と呼ばれ、歯肉が腫れたり、痛みが生じます。

 

また、重症化すると口が開けにくくなったり、顔が腫れたりすることもあります。

智歯周囲炎がひどい場合は、炎症が軽減してから抜歯を行います。

 

原因③ 歯根の吸収

親知らずが手前の歯に食い込むように生えてくると、

手前の歯の歯根吸収(根っこが溶けてしまうこと)を引き起こしてしまう場合があります。

歯根吸収が進むと、親知らずだけでなく手前の歯の抜歯も必要になることがあります。

 

原因④ 口臭

親知らず周辺は不衛生になりやすいことから、

口臭の原因になってしまう可能性もあります。

炎症によって歯肉に膿がたまったり、むし歯が進行したりすることも臭いの原因になります。

 

親知らずが生えてきたけどどうしよう?とお悩みの方は

抜歯が必要なのかどうか調べにいらっしゃるだけでも大丈夫です。

問題が進行してしまう前に、どうぞお気軽にご相談ください。

1日で白い被せ物に