歯ぎしり       船堀       歯科

投稿日:2019年2月11日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

せんべいは10キロ、フランスパンは30キロ、歯ぎしりは60キロから80キロ。
これは、ものを噛む為にかかる重力です。

これだけ強い力がかかっているので、歯が欠けたり、折れたりしても不思議ではありません。
また、歯ぎしりは、歯周病が進行してしまう原因の1つでもあります。

歯ぎしりには3つのタイプがあるそうで、
(1)グラインディングという、ギリギリと上下の歯を擦り合わせるタイプの歯ぎしり。

(2)クレンチングという、上下の歯を強く噛みしめるタイプの歯ぎしり。

(3)タッピングという、上下の歯を合わせて、カチカチとならすタイプの歯ぎしり。

このような歯ぎしりの原因は、噛み合わせや、強いストレスなどで起こると言われています。
一番はストレスを軽減させることですが、対処法として、マウスピースがあります。
マウスピースをすることで、直接歯や歯茎に負担がかからなくなるので、歯が削れるのを防げます。

マウスピースは当院で作製できますので、歯ぎしりでお悩みの方、気になる方は早めにご相談ください!

1日で白い被せ物に