予防歯科  船堀  歯科

投稿日:2018年4月4日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

予防歯科とは、ムシ歯などになってからの治療するのではなく、なる前に予防をすることです。

歯とお口の健康を守るためには、
歯科医院などで行う「プロケア(プロフェッショナルケア)」と、
歯科医や歯科衛生士の指導に基づいた毎日の「セルフケア」の両方で、
「予防歯科」を実践しましょう。そのためにも、歯科医院での定期的な健診が大切です。

日本では悪くなってから治すことが当たり前となっており、
健康保険制度でも
予防歯科は対象外なので、
予防歯科に関する認知度も低くなっています。

しかし、歯を守るために本当に必要なことは、虫歯になる前や、歯科治療完了後の
メンテナンスを行うことにより、治療ではなく予防することが大切でしょう。

悪くなってからどうするかではなく
悪くならないためにどうするかを一緒に考えていきませんか?

1日で白い被せ物に