シーラントで歯を守る     船堀 歯科

投稿日:2018年2月19日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

子供の歯が全て生えそろうと、

その後ろから6歳前後に、大人の歯が生えてきます。

その歯を第一大臼歯(6歳臼歯)といいます。

生えて間もない第一大臼歯は、1番奥に生えてきて、歯磨きが十分にしにくく、

歯自体もまだまだ弱く大変虫歯になりやすいです。

そのため虫歯から守るためシーラント処置が行われます。

 

お子さんのお口の中をみて下さい。大人の歯は生えてきていませんか?

詳しくは、スタッフに問い合わせてみてくださいね!!

1日で白い被せ物に