歯ぎしりについて      船堀  歯科

投稿日:2017年6月23日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

こんにちは。

みなさん、突然ですが、次のチェックで当てはまる項目はありますか?

 

・起床時に口の周囲がこわばる、あごが疲れる、だるい
・歯にひびが入っている、もしくは、擦()れて欠けたような歯がある
・口を閉じた状態で、口の中で上下の奥歯がくっつく
・パソコンの操作中や運転中など集中しているときに、無意識に歯をかみしめている
・頬(ほお)の内側にかんだあとや、舌に歯形(圧痕)がついている
・常に肩こりがひどい
・頭痛がひんぱんに起こる
・耳の下からあごにかけて、コリやすい
・冷たいものを口に入れるとしみる

どれか一つでも当てはまれば、歯ぎしりをしている可能性があります。

 

歯ぎしりは、歯がすり減ってしまう他、歯周病が進んでしまう原因のひとつです。

いつまでも、ご自身の歯でおいしくご飯が召し上がれるように、対策しないといけません。

 

いちばんは、ストレスを軽減させることです。あとは、対処法として、マウスピースを作成することです。

マウスピースをすることで、顎に力がかかるのを軽減してくれます。

マウスピースは、保険適用され、当院で作成できますので、心当たりがある方は、早めにご相談ください!