梅雨の季節 船堀 歯科

投稿日:2016年6月13日

カテゴリ:保育士BLOG

梅雨の季節となりました。

 

じめじめした梅雨の季節は、蒸し暑かったり肌寒く感じたりと、体調を崩しやすい時期です。

 

そして、この時期から気をつけたいのが熱中症です。

 

特に赤ちゃんや子どもは、大人よりも熱中症になりやすいので、体調の変化には十分に気をつけてあげたいところです。

 

・顔や体が熱い

・動きたがらない

・嘔吐

・尿がでない

 

こんな症状が出ていたら、慌てずに涼しい場所へ移動し、体温を下げるために体を冷やし、水分や塩分を補給してあげてください。

 

雨で、お外に出られない日も多いとおもいますが、こんな時ほど一緒に楽しめる、粘土あそびや折り紙、おえかき絵本などでゆったりじっくり遊んでみるのはいかがでしょうか。