歯科用CT

投稿日:2016年2月24日

カテゴリ:ドクターズBLOG

医療を行ううえで診断は最も大切です。

治そうとする病気が何なのか。

曖昧なままでは、治る病気も治りません。

歯科は「歯」と「歯周組織」を治療の対象としてます。

比較的分かりやすい領域ですが、病気の成り立ちは複雑です。

検査も従来なら、平面的画像診断であるデンタルレントゲン写真から

立体的情報をもとに診断するCTに移行してきています。

歯科用CTが導入されたことで、従来のレントゲン写真だけでは診断できなかった

病巣などを見つけることができ、結果正しく診断できます。

何度治療しても治らなかったり、治療が長引く場合は、

一度歯科用CTを撮影してみるのもいいかもしれません。