インプラントの歯磨剤について

投稿日:2015年6月23日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

インプラントが入っている方の歯磨剤についてですが一般的にはフッ素と研磨剤が良くないと言われています。フッ素がチタンを腐食させたり研磨剤で傷がついたりするとプラークもたまりやすく歯肉の炎症の原因になってしまうからです。
ですが実際には、歯磨剤の中のフッ素の濃度が1000ppm以下であれば、問題ありません。フッ素はむし歯予防には有効なのでインプラントが入っている方でもむし歯のリスクが高いような方は、やはりフッ素入りの物を使ったほうが良いのです。
ファミリ歯科で売っている歯磨剤、チェックアップやコンクールはフッ素の濃度が950ppmなので使っても問題ありません。詳しくは、スタッフにおたずね下さい。