プラークの染め出し    船堀  歯科

投稿日:2017年5月17日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

むし歯と歯周病の原因は、歯の表面についているプラーク(歯垢)と呼ばれる最近のかたまりです。

毎日の歯磨きは、このプラークを落とすことが目的です。

 

プラークは歯の色に似た汚れです。ちょっとみただけでは磨けているかどうかわかりません。そこで、薬液でプラークを赤に染めだして、プラークが残っているかを調べていきます。

 

普段歯磨きをしっかり行っていても、実は癖で磨けていないところや、プラークが溜まりやすいところなどが発見できます!

「磨いている」と「磨けている」の違いを感じてみてはいかがですか?