ご妊娠されている方の治療 船堀 歯科

投稿日:2017年1月30日

カテゴリ:ドクターズBLOG

妊娠期の治療についてです。

妊娠期の治療については一般的に妊娠中期と呼ばれる妊娠4カ月から7カ月後半ぐらいが麻酔を使って治療を行っても比較的安全な時期だといわれています。

 

また、妊娠期には、生活習慣がかわります。

初期の段階ではつわりが起こるため、口の中がキレイにみがけなくなったりします。

後期の段階になると、胃の圧迫で一度にたくさんたべれないのでついつい間食が増えたりします。

 

このように妊娠中はお口の中が不衛生になりやすく、虫歯や歯周病になるリスクがあがります!

 

みなさんも是非この機会に検診を受けてみてください!