キシリトールについて 船堀 歯科

投稿日:2016年4月9日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さん、キシリトールってご存知ですか??

最近CMでもキシリトール入りのガム等宣伝しているので、聞いたことはあるのではないかと思います。

 

ですが、キシリトールの効果を詳しくご存知の方は少ないかなと思いますので、今回ご紹介したいと思います。

 

 

キシリトールとは

・白樺や樫などの樹木から抽出された成分が原料(天然甘味料)になっています。

・砂糖に近い甘さで、カロリーは1グラムあたり3kcal、砂糖の4分の3です。

・キシリトールは野菜や果物に含まれており、人間の肝臓でも毎日作られています。

 

<むし歯予防を補助する効果>

・歯質を溶かす酸を作らない→キシリトールは砂糖と違ってむし歯の原因となる酸を作りません

・歯磨きで簡単に落ちる歯垢→歯は溶けないのでむし歯になりません。キシリトールはミュータンス菌に分解されても、ネバネバした物質を作りません。できる歯垢はさらさらして歯磨きで簡単に落ちます。

・唾液分泌が促されます→唾液がよく出て、唾液の清浄作用やお口の中の酸性度を中和する作用を高めます。また、リンやカルシウムが歯の表面に戻る「再石灰化」のはたらきも強まります。

 

 

以上がキシリトールについてです。

 

ちなみに

キシリトール入りガムを選ぶときは、成分表をよく見て、キシリトールの含有量に気をつけます。できるだけキシリトール100%を選んでください。