歯を失った時の治療法 歯科 ファミリア 船堀

投稿日:2015年5月23日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

皆さんは虫歯や歯周病で歯を失った経験はありますか?
そして失ったところをそのままにしていませんか?

歯は抜けたままにしてしまうと、いろいろなリスクがあるんです。
隣の歯が倒れてきてしまったり、噛み合うはずの歯がなくなってしまったことによって飛び出してきてしまったり…
そうして噛み合わせが乱れ、前歯が出っ歯になってきてしまったり、肩こりが起きたりもします。

今日は、欠損している部分を補う治療についてご紹介します。
方法は3つあります。

①ブリッジ(Br)→欠損している部分の両隣の歯を削って、3本連結させた被せ物を入れる方法。固定式。保険適用だと3本銀歯。

②義歯(入れ歯)→欠損している歯の前後の歯にバネをかけて、欠損している部分を補う方法。取り外し式。保険適用だとバネは金属。

③インプラント→欠損している部分の顎の骨に、人工の歯根を埋め込み、その金属を土台にして人工の歯を被せる方法。保険適用外。

このように方法は3つのものからご希望のものをお選び頂けますが、それぞれメリット、デメリットがあります。もし歯がなくなったままになっていて気になっている方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。