歯の着色について

投稿日:2015年4月13日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

 

はじめまして。

 

4月から歯科衛生士として新卒でファミリア歯科で勤めさせて頂いています。三岡です。(みおか)

 

まだまだ慣れないことはたくさんありますが、先輩方、先生方ご指導のもと、はやく一人でも多くの患者さんと接して、力になれるように頑張りますのでよろしくお願いします。

 

 

 

今日は着色のお話をしたいと思います。

 

 

みなさんはワインやお茶や紅茶、コーヒーをよく飲みますか?

 

私自身とても好きだし、よく飲みます。

 

 

あるいは、タバコを吸いますか?

タバコを吸う方はヤニによって歯が着色してししまいます。

 

 

 

しかし、着色のつきやすい飲み物やタバコを吸わなくても着色してしまう人もいます。

 

 

 

歯の表面はツルツルしてるわけではなくて、小さい溝がたくさんあり、ザラザラしています。

 

そこに汚れが蓄積し、着色してしまうんです。

 

歯のクリーニングをしたあと、研磨をせずに終わると、歯の面がザラザラになったままで汚れがつきやすかったり、

 

人によっては、着色がつきやすかったりするんです。

 

 

着色は歯ブラシではとれません。

 

 

 

当医院では、着色を落とす保険外のエアフローを取り扱っています。

 

ミント、レモンのパウダーを使って歯の汚れを落としていきます。

 

 

汚れが取れた歯はツルツルピカピカになりますよ

 

興味のある方は是非一度試してみてください

お待ちしています。