口臭予防とタングクリーナー

投稿日:2015年4月10日

カテゴリ:ドクターズBLOG

予防歯科に力を入れている スウェーデンでは、

中高年者の九割が定期的なメンテナンスを受け、セルフケアの習慣も

身についている為、 口臭のある人はほとんどいないそうです。

しかし、日本では、満員電車や人混みで感じる口臭も珍しい事ではありません。

 

 では、口臭の原因はどんなことにあるのでしょうか?

 

90%はお口の中にあるとされています。歯周病や虫歯によるもの、入れ歯に付いた

汚れからくるもの等 様々な原因があるのですが、

今回は90%中80%の原因とされている「舌苔(舌プラーク)」

についてお話しします。

 舌の表面はカーペットのようになっていて、そこに汚れが溜まります。

これを舌苔と呼びます。これをそのままにしておくと、口の中の細菌が

舌苔を分解して腐敗臭を発生させるのです。

 口臭の予防をするには、この舌苔を取り除き、口の中を清潔にしておくことが大切です。

清掃には歯ブラシを使う人も多いようですが、それではカーペットに付いたペースト状のものを

逆に広範囲に広げているようなもので 効果はありません。

ぜひ、舌専用の「タングクリーナー」を使ってみて下さい。舌クリーナー1_R

使用方法は、当院スタッフに聞いて下さい。一般の方は一日二回、

喫煙される方は一日三~四回行うと効果的です。

 

タングクリーナーで口臭予防をしましょう!