第二象牙質

投稿日:2015年3月18日

カテゴリ:歯科助手・受付BLOG

 

 

虫歯の治療後に「治療したはずなのに歯がしみて痛みがありますが大丈夫ですか?」という問い合わせがあります。

 

こうした症状は歯の構造によるものなので、しばらくすると痛みは自然に消えます。

 

なぜ痛みが出るのかは、虫歯の治療では、それ以上虫歯が拡がらない様少し大きくけずります。削った分だけ神経が近くなるので外からの刺激が伝わりやすい状態になっています。

 

金属は刺激をよく伝えます。

神経に近い上刺激を伝えやすいのでさらに伝わりやすくなります。

 

歯は、神経を守ろうとし新しい象牙質をつくります。

 

これが「第二象牙質」です。

 

新しく象牙質ができれば、刺激は伝わりにくく痛みやしみる症状はなくなっていきますので安心してください!

 

当院では金属だけではなくセラミックもやっておりますので気軽にお声掛けくださいね♬