今どきの顎関節症

投稿日:2015年2月26日

カテゴリ:ドクターズBLOG

皆様こんにちは!! ファミリア歯科の歯科医師 羽鳥です。

いつも ファミリアのブログを

拝見していただき有り難うございます。

今日は 最近 考えられている

顎関節症の原因についてお話したいと思います。

 

これまでは 原因として

○噛み合わせの問題

○精神的ストレス

○異常な開閉口運動

○歯ぎしり、くいしばり

○常日頃の何気ない習慣

  (あくび、歌唱、寝違え

   頬杖 など)

○全身疾患

 

などが考えられてきましたが

最近  交感神経を緊張させる歯列接触癖(TCH)が原因として有力視されています。

 

歯列接触癖(TCH)とは?

 

上下の一部、または全部の歯が、日常的に接触してしまっている状態を言うそうです。

 

歯の接触によって顎に力が加わり続けると、血液循環が悪くなり、摩擦抵抗が増大して

顎関節症になりやすくなります。

 

TCHが起こる原因は、ストレスなどで歯を食いしばる癖が付くことです。

特にパソコンを使う人の発症率は、そうでない人の2,2倍ぐらいだそうです。

またうつ病などの病気によるストレスが原因でなる事もあります。

 

思い当たる節がある方は、

お気軽にファミリアスタッフにご相談して下さいませ。

■ 他の記事を読む■