虫歯の季節?

投稿日:2015年2月10日

カテゴリ:歯科衛生士BLOG

野生のニホンザルは主として木の芽、果実、樹皮など硬いエサを食べています。

硬いエサは口の中の汚れを取り除き

清潔にする働きがあり、また よく噛むことで唾液の量が増え、歯の汚れも洗い流されるそうです。

一方、動物園で飼育されているサルには「虫歯」になりやすい季節があるんだとか!

正解から言うと、春と秋です。理由は気候が良いので多くの行楽客が動物園を訪れ、誰もが

 

自分だけなら、、、

少しだけなら、、、

 

と、甘いお菓子を与えてしまうからだそうです。

 

このお話を知ったある子供は

「僕は夏!暑くてジュースをいっぱい飲むしアイスもたべるから」と。

そしてある子供は

「私は冬!寒いからついついお菓子を食べながらゲームをしたりテレビを観たりになっちゃうから」と。

 

なるほど、納得しませんか??

 

そう考えると子供達の虫歯の季節は一年を通して、と言えますよね。

大切な子供達を虫歯から守る為にお家で出来ることは、まず、

 

ストップ!お菓子のだらだら食い

や毎日の歯磨きです。

 

そして重要になってくるのが先日このブログでもお話させて頂いた

歯医者での、シーラントを施す虫歯予防と、歯を硬く強くする効果があるフッ素塗布です。

 

私達ファミリア歯科一同も、定期健診を通じ保護者の皆様と一緒に子供達を虫歯から守っていきたいと思っています。